仮説トイレ

わかられた…

10月27日

「まだ野球やってんのか、ご苦労なこって」

 

 

 

 


『ノックは?』

 

 

 

 


「野球だけに」

 

 

 

 


『ドアの』

 

 

 

 


「鍵閉めろよ」

 

 

 

 


ウイスキー片手に何の用だよ』

 

 

 

 


「バーボンだよ」

 

 

 

 


『バーボンが小分類だよ』

 

 

 

 


バドワイザーとブトバーは別もんだろ」

 

 

 

 


『例えになってないよ』

 

 

 

 


「じゃあシャンパンとスパークリングワイン」

 

 

 

 


『何の用だって』

 

 

 

 


「ムカついてんだよ」

 

 

 

 


『何に』

 

 

 

 


「母親に」

 

 

 

 


『何で』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ブルボンがさ、潰れたんだってさ」

 

 

 

 


『は?』

 

 

 

 


「ブルボン」

 

 

 

 


フェットチーネグミの?』

 

 

 

 


「いや、俺の地元にある老舗の洋菓子屋」

 

 

 

 


『そう言え』

 

 

 

 


「母親はブルボンの近くの高校に通ってたらしくて、高校時代は放課後に友達とよく行ってたらしいんだよ」

 

 

 

 


『へぇ』

 

 

 

 


「でも大学に入ってからは街中で遊ぶようになって、ブルボンは街中からちょっと外れてるから行かなくなったんだと」

 

 

 

 


『ほぅ』

 

 

 

 


「で、父親と出会って、セックスして、俺が生まれて今に至るわけだが、ずっと行ってないと」

 

 

 

 


『セックスをピックアップするなよ』

 

 

 

 


「物語にセックスは必須」

 

 

 

 


『映画監督志望か?』

 

 

 

 


「とにかく、高校以来行ってないんだよ、ブルボンには」

 

 

 

 


「で、つい先日、閉店したことを知ったわけだ」

 

 

 

 


『で?』

 

 

 

 


「それを伝えた後、母親は俺に何て言ったと思う?」

 

 

 

 


『さぁ?』

 

 

 

 


「呑気に、こんなことなら行っておけば良かったなぁ、だってよ」

 

 

 

 


『ふーん』

 

 

 

 


「ムカつくだろ?」

 

 

 

 


『全然』

 

 

 

 


「はぁ~~分かってねえなお前、ていうかこの部屋コップ無いか?」

 

 

 

 


『紙製なら』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「じゃ、献杯

 

 

 

 


『誰か死んだっけ?』

 

 

 

 


「日本経済」

 

 

 

 


『息はしてるよ』

 

 

 

 


「将来死ぬことが分かってるもんは死んだも同然だよ」

 

 

 

 


『じゃあ俺たちにも』

 

 

 

 


「そう、献杯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『何でムカついてるんだ』

 

 

 

 


「いやムカつくだろ、高校以来一度も行ってないんだぞ」

 

 

 

 


『青春の思い出の地なんだろ』

 

 

 

 


「でも、ステークホルダーだ」

 

 

 

 


『は?』

 

 

 

 


「思い出の地なのは分かるよ、思い出の地が無くなることへのエモも勿論分かる、でもステークホルダーだ」

 

 

 

 


『利害関係者?』

 

 

 

 


「ブルボンはボランティアで洋菓子屋を営んでるわけじゃねえ、客に金貰って菓子作ってんだ」

 

 

 

 


『そうだけど』

 

 

 

 


「だから、客の思い出になってるだけじゃ店はやっていけねえじゃん、足繁く通ってくれないと」

 

 

 

 


『まぁ』

 

 

 

 


「母親が通わなくなったから、母親と同じように思い出にしとくだけの奴らがたくさんいたから、ブルボンは潰れたんじゃねえのか?」

 

 

 

 


『うーん』

 

 

 

 


「それを、こんなことなら~って潰れた後に呑気に言ってることに腹が立ったんだよ」

 

 

 

 


「死んだ後にあれこれ言ったってしょうがねえし、失ったもんは戻らないし、だからこそ大切なもんを守るんだろ?!?!」

 

 

 

 


『…熱いな』

 

 

 

 


「俺はいつでもアツい漢だろ」

 

 

 

 


『いや、喉が』

 

 

 

 


「すまんがチェイサーは用意してない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何かの映画でも主役が言ってたよ、50年後にあの時乗っておけばって後悔したくないだろ?って」

 

 

 

 


『微妙な作品だからってタイトル伏せなくていいんだぞ』

 

 

 

 


「微妙じゃねえよ!微妙だったらあんなに続編が出るわけねえ」

 

 

 

 


バイオハザードは?』

 

 

 

 


「アクションが良い」

 

 

 

 


『本当に動きしか観てないな』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ブルボンのことだが』

 

 

 

 


「あぁ」

 

 

 

 


『それでもやっぱり俺はムカつかないよ』

 

 

 

 


「何でだよ」

 

 

 

 


新垣結衣が主役だから』

 

 

 

 


「は?」

 

 

 

 


『君にもあるんじゃないか、ブルボンと母親みたいなことが』

 

 

 

 


「いや、俺は絶対にそんな不義理はしねえ!」

 

 

 

 


『してるよ、人間だから』

 

 

 

 


「9年付き合ってる彼女がいる俺がそんなことすると思うか?」

 

 

 

 


『最近、あの高いチャリ乗ってないだろ』

 

 

 

 


「まぁな」

 

 

 

 


『たかが通勤用なのに、何日もネットで調べて、その結果玄人好みな10万越えのピストバイク』

 

 

 

 


「俺はナメられたくないんだよ」

 

 

 

 


『最近乗ってないそのカッコいいピストバイク、明日乗ろうとして駐輪場に向かうとする』

 

 

 

 


「あぁ」

 

 

 

 


『そこには無残にもグシャグシャにひしゃげたピストバイクが』

 

 

 

 


「おいおい」

 

 

 

 


『やった奴は誰だと思うかもしれないがそんなの見つけれっこ無い、その後に君はどう思うんだろうな』

 

 

 

 


「…」

 

 

 

 


『こんなことならもっと乗ってやれば、ちゃんと部屋の中にしまっておけば』

 

 

 

 


「…それは」

 

 

 

 


『そういうことだよ』

 

 

 

 


「うーーーむ」

 

 

 

 


『人1人の大切にできる範囲ってのは決まってて、大きさは人それぞれだけど、無限の奴なんかいない』

 

 

 

 


「まあ円の範囲も人それぞれだしなぁ」

 

 

 

 


『今週のハンターハンター良かったぞ』

 

 

 

 


「俺は単行本派」

 

 

 

 


ハンターハンターはそれが正解』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


『むしろ良かったなと思うよ』

 

 

 

 


「何が」

 

 

 

 


『母親』

 

 

 

 


「何で」

 

 

 

 


『ブルボンが抽選から外れるくらい、大切なもんが多いってことじゃん、外れたブルボンには悪いが』

 

 

 

 


「円がめちゃくちゃ狭いだけかも」

 

 

 

 


『息子にそんな話してくるんだから、家族のことは大切にしてるんだろ』

 

 

 

 


「…臭いな」

 

 

 

 


『酒入ってるから』

 

 

 

 


「アルコールと屁の臭いに相関関係あんのか?」

 

 

 

 


『帰れ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「お、母親からライン」

 

 

 

 


『なんて?』

 

 

 

「…ブルボンの閉店、店主の急死によりだって」

 

 

 

 


『そうか』

 

 

 

 


「経営不振じゃなかったのか」

 

 

 

 


『そりゃそうだ』

 

 

 

 


「そりゃそうか」

 

 

 

 


『じゃ、もう一回』

 

 

 

 


「あ?」

 

 

 

 


『ブルボンの店主に』

 

 

 

 


「あぁ、そうな、献杯