仮説トイレ

わかられた…

知らぬが仏

最近また色んな人がメーンブログを更新してくれてて嬉しいです。nxyくんはうつになってしまったそうですね。お大事に。

 

さて、最近よくW杯を見ています。

もともとスポーツにはまっっっっっっっっっったく関心がなかったのですが、行きつけのバーでW杯を放送しているので酒飲みついでに見始めました。

 

 

いや、正直、めちゃくちゃ面白い。

 

今までスポーツは本当に興味がなくて、自分が6年間続けた卓球でさえオリンピックの試合を見るかどうかというレベルでした。なんならスポーツにどハマりしている人を下に下に見てさえいました。(カープ好きのトンミルよ、すまん)

スポーツに関心がなかった理由はいくつかあって、スポーツは見るよりもやる方が面白いってのと、スポーツ好きの人たちの民度の低さと、ハマるとやべえってのがわかってたってのと、まあそんな感じです。

 

ですが、どういう縁かW杯を見始めて……それからはもう、大変です。

日本が決勝リーグ行くだのサッカー強豪国のドイツが韓国に負けるだの、どっひゃー!波乱万丈かよ!って感じで、わちゃわちゃしてます。語彙力が低くなってるのは許せ。

 

んでまあ、キッカケは行きつけのバーでたまたまやってたってだけなんですけど、W杯見始めてから、この世に知らなくていいことなんてないんだなって切に感じています。

W杯のルールなんて全然わかってなかったんですよ。勝ち点?得失点?は?ナニソレ?ウンチウンチ!って感じだったんですよ。でも、それを仲のいいバーテンダーにイチから説明してもらって、仕組みがわかってくるとこれがまた面白いんですよね。次の試合でどこが勝てば日本が引き分けでも上がれるとかなんとかがわかってくるとまあ〜〜〜〜〜〜面白い。ハラッハラしながら各国の試合を見守ってます。

 

W杯見る前の僕なら「スポーツなんて見ても人生の何の足しにもならなくない?」とか言ってますね。まあそれは今でも気持ちはわかります。W杯の結果が人生の糧になることなんて100歩譲ってもないです。

でも、そこから話が膨らむんですよね。色んな人と。全然お互いのことを知らない人でもW杯の話を皮切りに盛り上がれるんです。みんなで試合見ながらワーキャー騒げるんです。その時間はすごく楽しい。楽しいことはいいことです。人生なんて楽しくてナンボですからね。楽しいことがないと俺なんてすぐにうつ病になっちゃいますから。

 

そんな感じで、色んなことを知って生きていけたら、人生楽しみが増えるなぁと思うばかりです。

 

ちょっと暗い記事が多かったので、最近あった楽しい話でした。以上!!!!!!!!

 

 

 

ちなみに知らぬが仏って言葉は「知っているからこそ腹も立つが、知らなければ仏様のような穏やかな心でいられる。」って意味らしいです。無知な人への若干の侮蔑表現を含んでいるらしいですよ。

 

 

 

アインシュタインの人