仮説トイレ

わかられた…

左を見れば光が射す

100の質問
12. 好きな数字は?

 

A. 3

 

床下は奇数が好きだ。そして、奇数に通ずるものを基本的に選ぶ性格をしている。

 

 

第一に、世の中のものは大抵相反する二つの存在があって、それらは床下の中で「右」と「左」に分類される。

 

 

別に政治や経済に関する話ではなく、床下の脳内では感覚的に物事が左右に区別されている。

 

分類を書いていくと以下の通りだ。

 

 

 

「右」に分類されるもの
円、偶数、太い、甘い、ミルクティー、消しゴム、パーカー、寒色、adidas、物理、N極、北、東、液体、濃い、鈍い

 

 

「左」に分類されるもの
三角、奇数、細い、酸っぱい、レモンティー、鉛筆、シャツ、暖色、nike、生物、S極、南、西、固体、薄い、鋭い

 

 

 

こんな感じである。

要するに床下は「主要5科目のノートを何色にするか」的なことを普段から色々な物事に当てはめているのだ。

 

 

 

で、そのように左右に分類した場合、床下は基本的に左に属するものを好む傾向にある。

 

 


床下の寵愛するBase Ball Bearの曲も、基本的には歌詞やタイトルやメロディが「左っぽいな」と思うものを好む。

 

中でも「レモンスカッシュ感覚」という曲は歌詞タイトルメロディ全てにおいて左であり、文句なく床下の大好きな一曲である。

上記の分類を見た上でサビの歌詞を見れば、何となくその理由がわかると思う。

 

 

I Feel, レモンスカッシュ感覚
僕の中で稲妻 一生求む感覚
そう 例えばラブ 例えばポップ
第六感でときめいて
レモンスカッシュ感覚
僕の中でフラッシュバック
一生消えぬ感覚 ふりむいた君の輝き

 


はい、めちゃくちゃ左です。
レモンスカッシュ、稲妻、ラブ、ポップ、第六感、ときめき、フラッシュ、輝き、全部左です。

 

 

 

 

床下の感覚では、「右」はもやっとした穏やかなもの、「左」はスッキリした爽やかなものという印象があって、床下はスッキリした爽やかなものに好意を持ちやすい。

 

 

というのも、幼少時代の床下は「右」に分類される特徴が多かった。

 

太っていて、甘いものが好きで、ミルクティーが大好きで、寒色が好きで、東北生まれで、濃い味が好きで、動きが鈍かった。

つまりは極右人間だった(他意はない)。

 

 

当然そんな特徴を揃えていることは、多くの同級生にネタにされた(主に太ってることだが)。

 

別にいじめられていたと感じてはいなかったが、足が速い奴がモテる幼少期の社会において、自分のカーストが下位であることは何となく勘付いていた。

 

 

今は見る影もないほど痩せて、酸っぱいものが好きで、レモンティーが好きで、暖色が好きで、来年から西日本に進出し、薄味も有りだなと思い始め、動きは未だ鈍い。

だいぶ左に寄ってきたと自分で思う。

 

 


つまり、幼少期の床下は今の床下にとって恥ずべき姿なのだ(主に太っていることだが)。

 

 

そんな思いがあって、恥ずべき姿(主に太)を思い出す「右」よりも、「左」を愛してしまう傾向にある。

後はまあオレンジの一件オレンジの呪い - 仮説トイレとかその他諸々あるのだが、その話は今度にしよう。

 

 

 

ともかく、床下は「左」が好きだ。それはつまり奇数が好きということと同義だ。そしてその中でも特に3が好きなのだ。

 


何故かというと、3という数字は床下にとってめちゃくちゃ「丁度よい」値だ。

 


まず、1は奇数の中では正直苦手である。リーダーが苦手、競争で勝つのが苦手、一人遊びが苦手、一生懸命という言葉が苦手。床下はトップオブザワールドに全く興味がない。

1にまつわるものは、いつだって孤独がまとわりつく印象がある。人は1人では生きられないという考えを持つ床下にとって、孤独は一番の敵だ。そのような理由から、1は奇数の中でとりわけ苦手だ。

 


次に5、5はどういうわけか奇数でありながら微かな「右」の匂いを感じる。例えば床下の脳内では1〜9の数字に色がついているのだが、1から順に白、青、橙、ピンク、黒、茶色、黄色、紫、緑だ。

5は黒、黒は床下にとって「右」に属する。だがこれはあくまで感覚的なものであるため、自分でこの矛盾を説明することができない。

そのため5は不可解な数字だ。

 


7は3の次に好きだ。だがアウトローかつ天邪鬼の床下にとって、「ラッキー7」や「7人の侍」や「虹の七色」と言ったヒーロー性の高い物事に使われがちな7という数字は素直に好きにはなれない。

あと「な行」は床下の中で右というのもある。

 


9はまあ、九蓮宝燈を出すと死ぬらしいので。

 

 

となった時に、3はどうだろうか。

床下は3が最もバランスが取れていると感じるのだ。

1ほど孤独ではなく

2ほど密接ではなく

4ほど混沌じゃなく

5ほど不可解ではなく

6ほど穏やかではなく

7ほど煌めいていない

8ほど妖しくはなく

9ほど清々しくもない

 

 

思えば飲み会も3人が1番好きだし、遊ぶときや話すときは3人が丁度良いと感じる。

カラオケも3人でローテーションを組むと喉の調子が良いし、ドラマも3話ぐらいが1番面白くなってくるし、ゲームも3人称視点が好きだし、何より3のイメージ色はオレンジだ(結局それが一番の理由です)。

 

 


そういえば話は変わるが、メーンは床下を除いて9人だ。

最近メーンの紹介が激しいが、今回もまたメーンを1から9で分類して今回の記事の締めにしたいと思う。

 

 

1 ミルトンさん
孤独なイメージはあまりないが、白が似合う。

 

 

2 ぺけさん
青信号のごとく優しい。

 

 

3 さやねえさん
This is 最高に丁度良いさやねえさん。

 

 

4 H_Fly
混沌の世を生きよ。

 

 

5 山田さん
存在が不可解。Say 5!!!!

 

 

6 花丸木さん
落ち着く茶色、木が似合う。

 

 

7 nxyさん
抑えきれないスター性、煌めけ。

 

 

8 アインシュタインの人
惑わす紫。気まぐれの色。

 

 

9 モリオカさん
清々しい自我。

 

 


※数字に対する好感度とメーンに対する好感度は比例していません。メーンには平等の愛を注いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに政治思想は右です、今のところ。